マジェスタとはTOYOTAブランド、オーナーズカーの最上級車種

スポンサードリンク               プライバシーポリシー

ジェスタとは、トヨタ自動車TOYOTAブランドとして展開している
Fセグメントラグジュアリーセダンです。正式には頭に「クラウン」が
つきますが、一般的には「マジェスタ」や「マジェ」と呼ばれることが
多いようです。 TOYOTAブランドのオーナーズカーとしては最上級の車種にあたり、取り扱いは基本的にトヨタ店となります。

今までに何度かフルモデルチェンジを行っており、現在は5代目となります。 マジェスタが他の車と大きく違うのは、初代から全シリーズにわたり、
フロントガラス上に情報表示機能を持つ「ヘッドアップディスプレイ(HUD)」を標準装備している点でしょう。

この機能は、速度表示やカーナビゲーションガイド、ナイトビューで活用されています。ホンダ・レジェンドがナイトビジョンシステムに採用しているほかは、日本では高級車でもHUDを装備している乗用車はなく、マジェスタの
大きなアドバンテージとなっています。

マジェスタ独特のスタイルが確立されたのは2代目のS150型から

初代マジェスタS140型が誕生したのは、1991年10月のことです。その少し前の89年に生まれたセルシオには搭載されていなかった
エレクトロマルチビジョンをはじめ、最先端技術を数多く活かしていることが話題となりました。
この初代が1995年9月にフルモデルチェンジを行い、2代目のS150型が誕生しました。このモデルから、クラウンの象徴である横長の
テールランプが縦型に変わり、マジェスタ独特のスタイルが確立されたとされています。 その後、3代目 のS170型(1999年〜 2004年)、
4代目のS180型(2004年〜2009年)を経て、2009年3月26日に5代目マジェスタ(S200型)が誕生しました。

5代目は、それまでのモデルに比べると若干落ち着きのあるデザインとなり、「和」のテイストを盛り込んでいるのが大きな特徴です。
全長4,995mm、全幅1,810mm、全高1,475mmと、ボディのサイズは大きくなっています。 他に特筆すべき点は、上級グレード「Gタイプ」が
新しく登場し、後部座席の居住性を高めるためマジェスタ初の大型リアセンターコンソールを設置した、「Gタイプ “Fパッケージ”」が
あることでしょう。 インテリアは天然木の木目が美しく、またシートの丹念になめされた柔らかなプレミアム本革は、身体にしなやかに
フィットします。

SPONSORED LINK


マジェスタ 日本の匠の技を駆使した名車

個人的には、まさに日本の匠の技を駆使した名車という印象を持ちましたが、いかがでしょうか。 トヨタ自動車は、先代モデルからの
乗り換えが4割、セルシオからの乗り換え2割として、これらのユーザーをこの新型クラウンマジェスタのメインターゲットとしているそうです。 実際、これらのモデルのオーナーはトヨタブランドに愛着があって他へは移行しない傾向にあり、5代目マジェスタがどこまで販売台数を
伸ばすかが注目されています。

スポンサードリンク